無印良品「シュトーレン」を食べてみた!〜ドンク製造、しっとり食べやすい初心者向け〜

お菓子
この記事は約5分で読めます。

2021年新発売!無印良品の「シュトーレン」を食べてみました。

パン屋さん「ドンク」製造の本格派。

990円とは思えないクオリティの高さと食べやすさで、シュトーレン初心者にもおすすめです♪

無印のシュトーレンについて

無印良品から、今年は切り分けサイズの大きな「シュトーレン」が販売されています!

「シュトーレン」は、クリスマスを待ちながら少しずつ食べるドイツの伝統菓子。

無印では2020年まで、一度に食べ切れる小さめサイズのシュトーレン(3個入り290円)を販売していましたが、2021年からは切り分けサイズのシュトーレンにチェンジしました。

1本約200g、値段は990円(税込)。

以前の小さなシュトーレンよりもお高いですが、一般的なシュトーレンの相場からするとかなり手頃な値段だと思います。

さらに驚くべきは、製造元。「株式会社ドンク」となっていました。

ドンクって、あのおいしいパン屋さんのドンク…!?

原材料もなかなかちゃんとしているし、これは期待できそうですね。

無印のシュトーレンを食べてみた

クリスマスはまだまだ先ですが…お味が気になったのでさっそくいただいてみました♪

ラップを巻かれた状態で袋に入っており、ラップの外に油分が染み出るほどしっとりとしています。

周りのお砂糖も、アイシングのようにしっとり柔らか〜く。

シュトーレンというと、切った時お砂糖がポロポロこぼれるタイプが多いので、この感じはちょっと新鮮です。

具材は「レーズン、オレンジピール、ドライいちじく、くるみ、アーモンド」。レーズンが一番多いみたい。

そして真ん中には「マジパン」が入っています。

マジパンとは、アーモンドの粉とお砂糖を練ってペースト状にしたもの。

シュトーレンには生地に混ぜ込んだり、棒状のものをそのまま入れたりして使います。

無印シュトーレンは後者のタイプですね。

具材が期待以上にたっぷり入っていて、さらにマジパン入りとは!さすがドンクとしか言いようがありません。

口当たりしっとりでスパイス感は控えめ、誰にでも食べやすい、優等生のようなお味。

シュトーレンが初めての人でも、これならおいしくいただけると思います。

私は毎年いろんなシュトーレンを食べているので、スパイスがゴリゴリに効いたものや、もう少し固めな食感も好きなのですが…。

これはこれですごくおいしい。いちじくが入っているのが個人的にポイント高いです。

これで990円かぁ、無印やるなぁ。ドンクすごいなぁ。

今年シュトーレンデビューをされる方には、特におすすめです♪

無印のシュトーレン、カロリーは?

無印良品「シュトーレン」のカロリーは、1本当たり1,005kcal

4桁を見るとちょっとひるみますね(笑)

シュトーレンってもともとカロリーが高いものなのですが、無印のは油脂分が多いのでさらに高カロリーな気がします。

とはいえ、少しずつカットして食べれば大丈夫です!

無印のシュトーレン、賞味期限は?

賞味期限は「購入日の約1ヶ月後」でした。

11月初めに買ったので、クリスマスまで保たない〜。

しかも「開封後はお早めにお召し上がりください」と書いてあり…。

あれ…シュトーレンって日持ちするんじゃないの…?

しっとり系のこういったタイプは、あまり日持ちしないのかな。

保存は常温で大丈夫ですが、開封後はラップ→アルミホイルで二重にくるんで、涼しいところに置いておきましょう。

私は「冷蔵庫の野菜室」にしまう派です。

無印のシュトーレン、販売期間は?

2021年の無印シュトーレンは、11月初めから販売しています。

売れ行き次第ですが、クリスマスの少し前まで販売するのではないでしょうか。

無印から「パネトーネ」も販売中

無印良品から、イタリアのクリスマス菓子「パネトーネ」も販売されていました。(2021年11月確認)

こちらも製造はドンク。シュトーレンに負けず劣らずおいしい!

▼パネトーネについて、詳しくはこちらにまとめています。

無印のシュトーレンを買える場所(店舗・オンライン)

シュトーレンは、全国の無印良品店舗、またはオンラインショップで購入できます。

無印良品 関連記事

シュトーレン 関連記事

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました