叶匠壽庵「あも 蓬(よもぎ)」を食べてみた!【初夏限定】

お菓子
この記事は約4分で読めます。

叶 匠壽庵「あも」の季節限定商品「あも(よもぎ)」を食べてみました。

よもぎを練り込んだ、緑色のお餅入り。

新緑の香りが小豆のおいしさを引き立てる、初夏限定の味わいです。

「あも(蓬)」について

私の大好きな和菓子「あも」に、初夏限定のよもぎ味が出ていたので買ってみました。

「あも」は、滋賀県に本店を持つ和菓子店「かのう 匠壽庵しょうじゅあん」の代表銘菓。

丹波大納言小豆を使った羊羹のような生地に、羽二重餅(求肥)を包んだ棹菓子です。

通年販売の「あも」

通年販売のものは中が白いお餅ですが、あも(よもぎ)は、羽二重餅に滋賀県伊吹山麓でとれたよもぎを練り込んであります。

パッケージにもよもぎの葉が描かれ、グリーンの色合いが初夏を思わせますね。

「あも」は季節によって限定の味が販売されていて、あも好きな私はひと通り追っかけています。

よもぎ味も、買うのは今年で3回目くらいかな?

毎年「あも(桜)」が終わった初夏の時期(4月〜6月頃)にのみ販売されています。

「あも(蓬)」を食べてみた

草餅のような、深い緑色のお餅が目を引く切り口。

小豆の粒も大きくて、見るからにおいしそう!

今回カットしたところは特に、小豆の大きさがよく分かります。

お味も草餅みたいに野性味あふれる香りなのかと思いきや、小豆の風味をじゃますることなく上品に香っていました。

あもの主役はなんといっても、大粒の丹波大納言小豆。

お餅のフレーバーは、その風味を引き立てる役割なんですよね。

ほろりとほどける柔らかな小豆に、もっちりプルプルのお餅でお口のなかが幸せ。

後味に爽やかなよもぎが香り、一足早く夏の訪れを感じられました。

「あも(蓬)」の販売期間・価格

あも(蓬)は、1本1,404円(税込)。

1本の重さは350gほどで、食べやすい厚さ(2cm程度)に切ると8カットほど取れます。

2021年の販売期間は、4月7日~6月30日ごろまで。

初夏限定のため、気になる方はお早めに♪

「あも(蓬)」のカロリーは?

あも(蓬)のカロリーは、100gあたり240kcal

1本約350gですので、1本当たりのカロリーは840kcalほどとなります。

8等分カットすると、1切れあたり約105kcal

おやつには2切れくらいがちょうど良さそうですね。

「あも(蓬)」の賞味期限は?

あも(蓬)の賞味期限は、製造日より26日

購入後3週間ほどは保ちます。

高温多湿を避け常温保存可ですが、なるべく涼しい部屋に保管しましょう。

「開封後はお早めに」とのこと。我が家は開封したら冷蔵庫の野菜室に保管しています。

あも(蓬)を買える場所(販売店舗・通販)

あも(蓬)は、全国の叶 匠壽庵の店舗で購入できます。

店舗一覧は公式サイトをご参照ください。

オンラインストアから通販(お取り寄せ)もできます。

オンラインストアは現在、PayPayモールとLOHACOストアのふたつ。

なお、一部商品は高島屋や三越などの百貨店オンラインストアでも扱っています。

あもを上手に切る方法

あもを切るとき、お餅が包丁にくっついてきてキレイに切るのが難しい…。

あもをよく食べる私が編み出した、上手に切れる方法がこちらです。

  • 切る前に1時間ほど冷やす
  • なるべく刃の薄い包丁を使う
  • 包丁の刃を濡らす
  • 1カットごとに包丁を拭く

清潔な濡れ布巾を用意しておいて、刃を拭きながら切るのがおすすめ。

拭く前にお湯で刃を温めるとなお切りやすいですよ。

一度切ったらくっつけず、少し離して置くのも忘れずに。

くっつけて置いちゃうと、せっかくキレイに切れたお餅が再結合しちゃいます(笑)

叶匠壽庵 関連記事

▼春限定 あも(桜)

▼秋冬限定 あも(栗)

▼冬限定 あも(柚子)

▼あもを挟んで食べる最中「あも歌留多」

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました