【無印良品】ごはんにかける「胡麻味噌担々スープ」を食べてみた!

レトルト・インスタント食品
この記事は約4分で読めます。

無印良品「ごはんにかける」シリーズから「胡麻味噌担々スープ」を食べてみました。

ねりごまのコクが生きた濃厚スープは、ほぼ担々麺!

ガッツリ濃い味を食べたい気分のときに、おすすめです♪

無印「ごはんにかける胡麻味噌担々スープ」について

無印で販売されているレトルト「ごはんにかける」シリーズ。

レトルトを温めてごはんにかけるだけで、お手頃な丼ぶりができてしまうという便利なアイテムです。

12種類ほどある中から、今回は「胡麻味噌担々スープ」を食べてみました。

1人前180g入り、値段は税込290円

商品説明はこちら。

豚ひき肉を白胡麻のコクと豆板醤の辛みを生かしたスープで煮込み、花椒(ホワジャオ)油の香りをきかせました。
中国の郷土料理がお手本です。

胡麻味噌担々スープ…つまりは「担々麺」のスープみたいな感じかな?

豚ひき肉をベースに、たけのこと椎茸も入っています。

味付けはねりごま、豆板醤、味噌など。中国の山椒「花椒(ホワジャオ)」を使った花椒油がポイントみたいですよ。

無印「ごはんにかける胡麻味噌担々スープ」を食べてみた感想

パックごと湯煎、または器に移して電子レンジで温め、白いご飯150gにかけていただきます。

今回は湯煎で温めました。

パッケージ写真みたいに上手に盛れなかった〜。

汁多めなので、ご飯をこんもり高くした方が見栄えがするかもしれません。

パッケージを真似してパクチーを添えてみました。

具材はたっぷりの挽き肉に、粗みじんのたけのこと椎茸。

たけのこのシャキシャキ食感がいいですね〜。

お味は期待通り「担々麺のスープ」そのものでした。

ねりごまのコクとまろやかさが生きた、濃厚な胡麻味噌味。

豆板醤と花椒、2種類の辛さが効いて、クセになるおいしさです。

万人受けするテイストですが、担々麺好きな人に特におすすめしたい!

辛さ自体はそんなに強くなくて、ピリ辛程度。

辛いのが好きな私はラー油を追加したくなりました。

ご飯はちゃんと150g測りましたが、スープが濃厚なので味濃いめ。

ガツンと濃い味が食べたい!って時にはもってこいです。

これ、中華麺にかけたらまんま「担々麺」では?(ちょっとスープ少ないけど)


…と思ったら、担々麺用には「麺にかける胡麻味噌担々スープ」という別商品が販売されているみたい。さすが無印、ぬかりない!

無印良品オンラインストアより

無印「ごはんにかける胡麻味噌担々スープ」カロリーは?

「ごはんにかける胡麻味噌担々スープ」のカロリー、栄養表示は以下の通り。

エネルギー262kcal
たんぱく質10.3g
脂質18.7g
炭水化物13.1g
食塩相当量2.9g

1食262kcalと、ごはんにかけるシリーズの中では高カロリー。

ごはん150gが約250kcalなので、合わせて510kcalほどです。

外食のカロリー表示で気付くんですが、担々麺って異様にカロリー高いんですよね…。

この食べごたえでこの500kcal程度なら、むしろ良いほうかも。

ごはんにかけるシリーズ レポ一覧

無印良品 関連記事

関連リンク

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました