【無印良品】ごはんにかける「酸辣湯(サンラータン)」を食べてみた!

レトルト・インスタント食品
この記事は約4分で読めます。

無印良品「ごはんにかける」シリーズから「酸辣湯」を食べてみました。

酸っぱくて辛い中華のスープ料理を、あんかけ風にアレンジ。

黒酢のまろやかな酸味で食べやすい味付けです!

無印「ごはんにかける酸辣湯」について

無印で販売されているレトルト「ごはんにかける」シリーズ。

レトルトを温めてごはんにかけるだけで、お手頃な丼ぶりができてしまうという便利なアイテムです。

12種類ほどある中から、今回は「酸辣湯(サンラータン)」を食べてみました。

1人前160g入り、値段は税込290円

商品説明はこちら。

黒豚、たけのこ、きくらげなどの具材を大麦黒酢のまろやかな酸味を生かしたスープで煮込みました。
中国の郷土料理がお手本です。

酸辣湯は、中国(四川)料理の酸っぱくて辛いスープのこと。

酸辣湯をラーメンに仕立てた「酸辣湯麺」もよく見かけますね。

いわゆる中華の「酸辣湯」は、細切りの豆腐・たけのこ・しいたけやキクラゲなどを具材にし、片栗粉でとろみを付け、溶き卵を流して仕上げるのが一般的です。

味付けの要はラー油とお酢。

無印の「ごはんにかける酸辣湯」では、大麦黒酢を使いまろやかな酸味に仕上げているんだそう。

無印「ごはんにかける酸辣湯」を食べてみた感想

作り方はとっても簡単。パックごと湯煎、または器に移して電子レンジで温め、白いご飯150gにかけるだけ。

今回は湯煎で温めました。

出してみてびっくり、あんかけのようにしっかりとろみが付いています

とろみ具合は中華丼と同じくらい。スープのイメージで、もう少しサラサラしているものかと思ってた〜。

具材は細切りの人参、たけのこ、キクラゲ。豚肉とそぼろ状の卵も入ってます。

見た目がさびしいな…と思い、万能ねぎをトッピング。

白髪ねぎの方がより中華っぽくなるかもしれません。

黒酢のまろやかな酸味と、中華料理らしい旨みのある食べやすい味付け

酸味が黒酢由来なので酸っぱすぎないのがいいですね。

酸辣湯、スープだともっと酸っぱい方がいいけど、ごはんにかけるならこれくらいがちょうどいいな。

豆板醤が入っているようですが、辛味はそこまで強くなく、辛いのが好きな私は物足りないくらいでした。

ラー油を追加すると、香りも立っておいしくなりそうです。

キクラゲのコリコリとした歯ごたえが楽しく、とろみが強めなのでお腹もいっぱいに。

ただ、そぼろ状の卵はぼんやりとした味付けで口当たりもイマイチ。なくてもいいかなーなんて思っちゃいました。

ふんわり卵は酸辣湯には必須だけど…レトルトじゃぁふんわりは難しいもんね。

スープではなくあくまで「酸辣湯風中華あんかけ」という感じで、総合的にはありだと思います!

酸味で後味がさっぱりするので、食欲のない夏場にもおすすめです。

無印「ごはんにかける酸辣湯」カロリーは?

「ごはんにかける酸辣湯」のカロリー、栄養表示は以下の通り。

エネルギー123kcal
たんぱく質5.4g
脂質5.6g
炭水化物12.8g
食塩相当量2.6g

1食123kcalと、ごはんにかけるシリーズの中では低カロリーな方。

ごはん150gが約250kcalなので、合わせても370kcalほどです。

腹持ちはかなり良かったので、ダイエット中にもぜひ。

ごはんにかけるシリーズ レポ一覧

無印良品 関連記事

関連リンク

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました