【無印良品】ごはんにかける「あさりと生姜の深川飯」を食べてみた!

レトルト・インスタント食品
この記事は約3分で読めます。

無印良品「ごはんにかける」シリーズから「あさりと生姜の深川飯」を食べてみました。

生姜の香りで臭みが抑えられ、あさりの旨みをたっぷり堪能できる一品です♪

無印「ごはんにかける あさりと生姜の深川飯」について

無印で販売されているレトルト「ごはんにかける」シリーズ。

レトルトを温めてごはんにかけるだけで、お手頃な丼ぶりができてしまうという便利なアイテムです。

12種類ほどある中から、今回は「あさりと生姜の深川飯」を食べてみました。

1人前140g入り、値段は税込290円

商品説明はこちら。

あさりと人参、れんこんを、生姜をきかせた合わせ味噌で煮込みました。
東京深川の郷土料理がお手本です。

「深川めし」は、東京下町の深川で昔から食べられている郷土料理。

あさりのむき身とネギなどをさっと煮てごはんにかける「ぶっかけ飯」が発祥で、その後炊き込みご飯タイプも作られるようになったんだとか。

無印の「ごはんにかける深川飯」は生姜を効かせ、人参やれんこんなどの野菜も加えています。

汁かけご飯スタイルだけど、具材は炊き込みご飯に近い感じですね。

無印「ごはんにかける あさりと生姜の深川飯」を食べてみた感想

作り方はとっても簡単。パックごと湯煎、または器に移して電子レンジで温め、白いご飯150gにかけるだけ。

今回は湯煎で温めました。

たっぷりのあさりに、細切りの人参といちょう切りのれんこん。具だくさんで、汁はサラサラしています。

ひと口食べると、あさりの旨みが広がる〜。

味噌仕立てで、万人受けする甘辛い味付けです

生姜がいい感じにあさりの生臭みを消してくれているので、よほどあさり嫌いじゃなければおいしく食べられると思います。

深川飯にれんこんはあまりイメージが沸かなかったけど、シャキシャキした食感がアクセントになっていて、食べごたえアップに一役買っていました。

あさりというと、噛むとジャリッとする「砂」が入っているのが心配ですが…

このあさりはそういうのが全くなく、安心して食べられましたよ。

和風の味付けなので、「ごはんにかける」シリーズの中でも特に食べやすいお味

パンチはないですが、毎日でも食べられそうな優しいおいしさでした。

刻み海苔万能ねぎ針生姜などの薬味をトッピングしても合いそうです。

あさり好きの私としては大満足。リピ買いしようっと♪

無印「ごはんにかける あさりと生姜の深川飯」カロリーは?

「ごはんにかける あさりと生姜の深川飯」のカロリー、栄養表示は以下の通り。

エネルギー77kcal
たんぱく質5.9g
脂質0.8g
炭水化物11.5g
食塩相当量1.6g

1食77kcalと低カロリー!

ごはん150gが約250kcalなので、合わせても330kcalほどです。

塩分も1.6gと、しっかりした味付けのわりに減塩でした。

あさりの旨みが強いと、塩が少なくてもおいしいんだな〜。

ごはんにかけるシリーズ レポ一覧

無印良品 関連記事

関連リンク

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました