【無印良品】ごはんにかける「ルーロー飯」を食べてみた!

レトルト・インスタント食品
この記事は約4分で読めます。

無印良品「ごはんにかける」シリーズから「ルーロー飯」を食べてみました。

台湾屋台フードをアレンジした、シリーズ人気No.1メニューです!

無印「ごはんにかけるルーロー飯」について

無印で販売されているレトルト「ごはんにかける」シリーズ。

レトルトを温めてごはんにかけるだけで、お手頃な丼ぶりができてしまうという便利なアイテムです。

12種類ほどある中から、今回はシリーズ一番人気と名高い「ルーロー飯」を食べてみました。

1人前140g入り、値段は税込350円

商品説明はこちら。

豚ひき肉、たけのこ、きくらげを、八角や生姜、オイスターソースを使った甘辛いタレで煮込みました。
台湾の屋台料理がお手本です。

魯肉飯(ルーローファン)は、豚バラ肉を甘辛く煮たものをごはんにかけて食べる、台湾の屋台フード。

台湾の屋台や定食屋ならどこにでもあるというくらい、メジャーなB級グルメなんだそうです。

現地では脂身の多い塊肉を刻んで煮込むのが一般的なところ、こちらは豚ひき肉で代用しています。

甘い香りのスパイス「八角」はちゃんと入っているみたい。

実は私、八角が苦手でして、八角抜きでルーロー飯を手作りするくらいなんですが…

はたしておいしく食べられるでしょうか。(レビュアーがこんなんですみません笑

無印「ルーロー飯」を食べてみた感想

パックごと湯煎、または器に移して電子レンジで温め、白いご飯150gにかけていただきます。

今回は湯煎で温めました。

封を開けたとたんにふわりと広がる、八角の甘い香り。

あ〜、これ苦手なやつだ…と思いつつ、そこまで強くないから大丈夫かも、という気もしてきました。

パッケージ写真を真似て、茹でた青梗菜も添えてみましたよ〜。

ほんとは煮卵もあると最高ですね。

豚肉のほかに、椎茸やたけのこ、きくらげも入っていて具だくさんです。

醤油・砂糖・オイスターソースがベースの甘辛い味付けがごはんによく合う。

椎茸の旨味、たけのこときくらげの歯ごたえもプラスされて、これはおいしいぞ…!

ごはんにかけるシリーズ人気No.1というのも頷ける、日本人好みの味でした。

肝心の八角の香りですが、食べていると全然気にならず、苦手な私も最後までおいしくいただけましたよ。

同じごはんにかけるシリーズの「バクテー」よりさらに香りは穏やかだと思います。

これくらいの香りから八角デビューしてれば、嫌いにならずに済んだのかもなぁ…なんて(笑)

おうちで気軽に台湾フードを楽しみたい方にぜひ、おすすめです♪

無印「ごはんにかけるルーロー飯」カロリーは?

「ごはんにかけるルーロー飯」のカロリー、栄養表示は以下の通り。

エネルギー192kcal
たんぱく質10.1g
脂質11.5g
炭水化物12.2g
食塩相当量3.0g

1食192kcalと、ボリュームのわりには低カロリー。

ごはん150gが約250kcalなので、合わせて440kcalほどです。

ごはんにかけるシリーズ レポ一覧

無印良品 関連記事

関連リンク

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました