【無印良品】ごはんにかける「バクテー」を食べてみた!

レトルト・インスタント食品
この記事は約4分で読めます。

無印良品「ごはんにかける」シリーズから「バクテー」を食べてみました。

八角やシナモンなど甘い香りのスパイスが効いた、豚の角煮風汁かけごはんです。

無印「ごはんにかけるバクテー」について

無印で販売されているレトルト「ごはんにかける」シリーズ。

レトルトを温めてごはんにかけるだけで、お手頃な丼ぶりができてしまうという便利なアイテムです。

12種類ほどある中から、今回は「バクテー」を食べてみました。

1人前150g入り、値段は税込350円

商品説明はこちら。

豚ばら肉と大根を、八角、シナモンなど9種類の香辛料と、生姜やにんにくを加えたスープで煮込みました。
マレーシアの郷土料理がお手本です。

バクテー(肉骨茶)」は、マレーシアやシンガポールで食べられている、お肉とスパイスを煮込んだスープ料理のこと。

白米にかけて食べるのが一般的だそうで、まさに「ごはんにかける」シリーズにはぴったりのメニューです。

現地では豚の内臓肉も一緒に煮るらしいですが、無印レトルトではさすがに内臓は入れず、豚バラ肉のみ使用。

大根も入っているので、豚の角煮っぽい感じでしょうか。

無印「ごはんにかけるバクテー」を食べてみた感想

パックごと湯煎、または器に移して電子レンジで温め、白いご飯150gにかけていただきます。

今回は湯煎で温めました。

封を開けた瞬間に、八角やシナモンの甘い香りが漂います。

具材は、ゴロッと大きな豚バラ肉と大根。汁はサラサラしていて、たっぷり入っていました。

これだけだと彩りがイマイチなので、青ネギを追加。

豚バラ肉はスプーンでほぐれるほど柔らかく煮えています。よく煮てあるので、脂身の部分も脂っこくなくプルプル。

大根も、味しみしみです。

豚の角煮を薄めたような甘辛い味付けに、スパイスの香りがいいアクセント。

八角の香りが強めなので、好き嫌いは分かれるかもしれません。

かくいう私も、実は八角が苦手なんですよね…。

八角=ルーローハンやトンポーロー(中華の豚の角煮)などに使われる甘い香りのスパイス。星の形をしており、英語ではスターアニスと呼びます。

とはいえ「匂いがキツすぎて食べられない」というほどではなく、苦手な香りながらもおいしく食べられました。

にんにくや生姜の香りも出ていて、スパイスだけが主役じゃないから食べやすいのかもしれません。

八角OKな人なら、この味付けはきっとおいしいはず。

「八角ってなんぞや?」という人は、デビュー戦にこちらを使うのも良さそうです。

苦手な人は…あえて買わなくてもいいかな(笑)

ごはんにかけるシリーズ、他にもおいしいのたくさんありますからね。

350円とシリーズの中では少しお高めですが、お肉の量を考えるとコスパ的にはありだと思いました。

無印「ごはんにかけるバクテー」カロリーは?

「ごはんにかけるバクテー」のカロリー、栄養表示は以下の通り。

エネルギー216kcal
たんぱく質9.0g
脂質16.4g
炭水化物8.3g
食塩相当量2.0g

1食216kcalと、ごはんにかけるシリーズの中ではやや高カロリーな方。

ごはん150gが約250kcalなので、合わせて470kcalほどです。

ランチとしては十分低カロリーなので、気にせず食べて大丈夫ですよ。

ごはんにかけるシリーズ レポ一覧

無印良品 関連記事

関連リンク

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました