シュトーレン特集

今年もシュトーレンの季節がやってきました。過去に購入したおすすめシュトーレンはこちらです。

フロインドリーブ ジョエル・ロブション アカシエ
ガトーフェスタハラダ ピエール・マルコリーニ 無印良品
Zopf(ツオップ) ロイズ

【無印良品】ごはんにかける「ユッケジャン」を食べてみた!

レトルト・インスタント食品
この記事は約4分で読めます。

無印良品「ごはんにかける」シリーズから「ユッケジャン」を食べてみました。

真っ赤なスープが食欲をそそる、ピリ辛韓国料理です♪

無印「ごはんにかけるユッケジャン」について

無印で販売されているレトルト「ごはんにかける」シリーズ。

レトルトを温めてごはんにかけるだけで、お手頃な丼ぶりができてしまうという便利なアイテムです。

12種類ほどある中から、今回は「ユッケジャン」を食べてみました。

1人前180g入り、値段は税込290円

商品説明はこちら。

牛肉の細切り、豆もやし、ぜんまいなどの具材を唐辛子やコチュジャンの辛みを生かしたスープで煮込みました。
韓国の郷土料理がお手本です。

「ユッケジャン」は、牛肉と野菜などを煮込んだ韓国の辛いスープ。

ごはんにかけると、焼肉屋さんによくある「ユッケジャンクッパ」になりますね。

材料にはユッケジャンの定番具材、大豆もやしや人参、ぜんまいなどが使われています。

味付けは韓国の辛味噌「コチュジャン」を使用。

辛さレベルの表示はありませんが、パッケージを見る限りかなり辛そうです。

無印「ごはんにかけるユッケジャン」を食べてみた感想

パックごと湯煎、または器に移して電子レンジで温め、白いご飯150gにかけていただきます。

今回は湯煎で温めました。

盛り付けてみると、スープがかなりたっぷり入っています。具材は他のメニューよりは少なめかな。

野菜は人参、ニラ、豆もやし、しいたけ、ゼンマイ。牛肉の細切りもちょこっと。

まぁ290円なので、お肉は少しでもしゃーない。

真っ赤なスープが見るからに辛そうでビビりましたが…

食べてみると、見た目ほどは辛くないです。

じんわりと広がる唐辛子の辛味。市販のカレールーで辛口が食べられれば大丈夫、くらいでしょうか。

コチュジャンの甘みと野菜の旨みが溶け込んだ、ごはんが進む濃いめの味付け。

ゼンマイや豆もやしの歯ごたえがいいアクセントです。

スープたっぷりなので、食べているうちにうっすら汗をかいてきました。

ヒーヒーいうほどじゃないけど、じんわり辛い。

寒い冬に食べるもよし、あえて真夏に汗かきながら食べるもよし、ですね。

今回はごはん150gをしっかり計りましたが、もう少し多めでもいけそうです。

うどんにかけてもおいしいんじゃないかな〜と思いました。

買い置きしておいて、辛いもの食べたい気分のときにリピしようっと!

無印「ごはんにかけるユッケジャン」カロリーは?

「ごはんにかけるユッケジャン」のカロリー、栄養表示は以下の通り。

エネルギー124kcal
たんぱく質4.3g
脂質6.1g
炭水化物13.0g
食塩相当量2.5g

1食124kcalと、シリーズの中でもかなり低カロリーです。

味が濃いめなので、カロリーが低いわりに満足できますよ。

ごはん150gが約250kcal、合わせると370kcalほどです。

ごはんにかけるシリーズ 関連記事

ごはんにかけるシリーズ 一覧

無印良品 関連記事

関連リンク

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました