【無印良品】ごはんにかける「八宝菜」を食べてみた!

レトルト・インスタント食品
この記事は約4分で読めます。

無印良品「ごはんにかける」シリーズから「八宝菜」を食べてみました。

お野菜たっぷりで体も温まる、ひとつ買い置きしておくと便利なメニューです♪

無印「ごはんにかける八宝菜」について

無印で販売されているレトルト「ごはんにかける」シリーズ。

レトルトを温めてごはんにかけるだけで、お手頃な丼ぶりができてしまうという便利なアイテムです。

今まで12種類ほどあったところへ、2021年9月、さらに2種類が追加されました。

新作は「麻婆豆腐」と、今回紹介する「八宝菜」です。

「八宝菜」は他のものと比べパックの横幅が大きく、内容量は195g。

おそらく過去最高のボリュームですが、値段は税込290円とリーズナブルです。

商品説明はこちら。

うずらの卵や豚肉、たけのこなどの具材を生姜の香りがきいたスープで煮込みました。
野菜の旨みを生かした中国の郷土料理がお手本です。

ごはんにかけるシリーズといえば、ちょっと変わった世界の料理が多いですが、八宝菜は日本の食卓にもかなり馴染みのあるメニューですね。

他社の既存のレトルトと、どう差別化しているのか気になるところ。

具材は白菜、ヤングコーン、にんじん、玉ねぎ、たけのこ、しいたけ、きくらげ、豚肉、それにうずらの玉子。

一般的な八宝菜に入るものは一通り網羅している感じです。

無印「ごはんにかける八宝菜」を食べてみた感想

パックごと湯煎、または器に移して電子レンジで温め、白いご飯150gにかけていただきます。

今回は湯煎で温めました。

お野菜がたっぷり入って、具だくさん。

しかもうずらの玉子が2個入ってる…!

八宝菜のうずらの玉子が大好きな私としては、これはかなりポイント高いです。

普通のたけのことは別に「ヤングコーン」が入ってるのもいいですねぇ。

八宝菜といえば、きくらげも欠かせない。

個人的に好きな食材ばかりでテンション上がります。

チキンスープベースにほんのり生姜が香る、優しいお味。

コテコテのオイスターソース味ではないので、しょっぱすぎず食べやすいです。

ごはんにかけるシリーズとしてはややインパクト薄めですが、野菜がたくさん摂れて体が温まる、買い置きしておくと便利なメニューだと思います。

ただしお肉の量は少ないので、「肉食べたい!」ってときは別のメニューにしておきましょう。(ルーロー飯とかがおすすめ)

商品の表示によると、ごはんの量は150gとなっていますが…

八宝菜は量が多いので、200gくらい入れたほうがバランス良いかもと感じました。

つまりしっかり食べたい時にも便利です♪

無印「ごはんにかける八宝菜」カロリーは?

「ごはんにかける八宝菜」のカロリー、栄養表示は以下の通り。

エネルギー180kcal
たんぱく質8.5g
脂質12.2g
炭水化物9.3g
食塩相当量2.7g

1食180kcalと、ボリュームのわりには低カロリー。

ごはん150gは約250kcalなので、合わせて430kcalほどです。

ごはんにかけるシリーズ 関連記事

ごはんにかけるシリーズ 一覧

無印良品 関連記事

関連リンク

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました