【横浜】ホテルニューグランド「ザ・カフェ」ナポリタン、ドリア、プリンアラモード発祥のお店へ

外食
この記事は約6分で読めます。

横浜が誇るクラシックホテル「ホテルニューグランド」の1階「ザ・カフェ」でランチをしてきました。

この店発祥といわれるナポリタン、シーフードドリア、プリンアラモードの3品を堪能。

格式ある雰囲気で、優雅なひとときを過ごせましたよ♪

ランチ時は混雑するため、待ち時間にご注意を。

ナポリタン発祥の店が横浜に

スパゲッティ・ナポリタン」といえば、日本人なら誰もが知る定番メニューですよね。

このナポリタン、実は日本発祥だって知ってましたか?

戦後まもなく、横浜のホテルニューグランド2代目総料理長だった、入江茂忠氏が生み出した一品と言われています。

同じく人気の高い洋食「ドリア」や「プリンアラモード」も、ニューグランドが発祥とのこと。

そんな3つの発祥グルメを味わいに、横浜まで足を運んでみました。

横浜「ホテルニューグランド」について

ホテルニューグランドは、1927年開業の由緒あるクラシックホテル。

開業当時の姿を保つ本館は「横浜市認定歴史的建造物」「近代化産業遺産」にも認定されています。

映画「有頂天ホテル」やドラマ「華麗なる一族」、CMのロケ地としてもよく使われているんだそう。

場所は横浜中華街の近く、道を挟んで向かいには山下公園と、まさに横浜観光の中心地。

「コーヒーハウス ザ・カフェ」が入るのは、本館1階です。

宿泊客以外も利用できるので、気軽に入っちゃいましょう。(といいつつ、ちょっと服装は気にして小綺麗なのにした)

大人気!ランチは待ち時間に注意

この日はランチをすべく、平日の11時半ごろ到着したのですが…

すでに満席で、1時間以上待ち。

地元の方にも観光客にも人気があるようで、予約をするかもっと早く着くかしないとダメでしたね…。

(食べログの公式情報によると、平日のみ予約ができるとのこと)

天気が良かったので、山下公園散策で時間をつぶしました。

お店前のスペースが広く、椅子が10席ほどあるので、座って待つこともできます。

有名な「本館大階段」を眺めたり、写真を撮ったりするのもおすすめ。

この上にも行っていいのかな?宿泊者専用かな?と迷って結局上がらずでした。

後で調べたら、2階(旧ロビー)も見学OKとのことです。次回行ってみよう。

店内の様子

店内は、木のぬくもり溢れる落ち着いた雰囲気。

窓から差し込む光が明るくてくつろげます。

広々100席。席間隔も広くて、ソーシャルディスタンスは十分でした。

本日のオーダー

  • スパゲッティ ナポリタン
  • シーフードドリア
  • プリン ア・ラ・モード
  • 紅茶
  • カフェオレ

メニューは昔ながらの洋食といった感じのラインナップ。

なかでもホテルニューグランド発祥の3品は、最初のページに載っていました。
(そしてその3品を注文しちゃうおのぼりさんな私)



注文を済ませると「お食事の準備をいたします」といって、紙のテーブルマットやカトラリーなどを並べてくれます。

久しぶりにランチで『お食事の準備』されたな〜、なんて。

格式あるホテルだけあり、カフェレストランでも接客がとてもしっかりしてました。

スパゲッティ ナポリタン

まずは伝統の「ナポリタン」から。

こちらのナポリタンはケチャップではなく、生のトマトやトマトペーストをベースに作ってるんだそうで、いわゆる喫茶店のナポリタンのように甘くありません。

トマトの酸味が程よく、上品なお味です。

具材はハム・マッシュルーム・玉ねぎととってもシンプル。

ベーコンでもソーセージでもなく、ハムなんですね。

そしてスパゲッティが柔らかかったのが印象的でした。

味はイタリアンのトマトソースっぽいけど、麺がアルデンテじゃなくモチッとしているのが、違和感…というか新鮮。

初めて食べる味で、これが元祖ナポリタンの味か〜、と思いを馳せながらいただきました。

シーフードドリア

シーフードドリア」も、ニューグランドが発祥の料理。

体調の悪かったお客様が「何かのど越しの良いものを」と、初代料理長にリクエストしたことから誕生したんだとか。

スープで炊かれたピラフの上に、たっぷりの海老とホタテ。熱々のグラタンソースとチーズがとろ〜り。

グラタンソースは少し赤みがかっていて、甲殻類のソース(アメリケーヌソース的なやつ)が入っているのかなと思います。
コクがあっておいしかった!

そしてなにより驚くのが、海老の量。

これでもかって言うくらい入ってる。ライスより多いんじゃない?ってくらい。

しかも、1匹丸々の海老と、さらに大きい海老をカットしたのと、2種類入ってるんですよ。

食感も味もそれぞれ違って、海老を満喫できます。

ホタテ貝柱も大きくてプリッとしてて、おいしかったなぁ。

シーフード好きのためのシーフードドリア。ちょっとお高いけどお値段以上です。

プリン ア・ラ・モード

ニューグランド発祥3品目は、舟のような形の器に盛られた「プリン ア・ラ・モード」。

プリンの脇にバニラアイス、ホイップ、フルーツが優美に盛り付けられています。

フルーツは「キウイ・オレンジ・りんご・プルーン・さくらんぼ」。

当時は缶詰フルーツだったそうですが、今はプルーンとさくらんぼ以外生の果物です。

プリンはオーソドックスな固めプリン。

バニラアイスも、たまごの味がしっかりする甘めの仕上がりでした。

昔懐かしい味にほっこり〜。

プルーンはただのドライフルーツじゃなく、柔らかく煮てあって、これがまたおいしかった!

紅茶

食後にいただいた紅茶は、清涼感のあるウヴァっぽいお味でした。セイロンブレンド、かも。

紅茶はポットサービスではなく、カップ1杯分。(おかわりOK)

連れが頼んだカフェオレは、銀のポットにたっぷり2杯分提供されました。

紅茶だけポットサービスのところが多いので、逆パターンは珍しいですね。「コーヒーハウス」だからかな?

お砂糖が四角い包みにロゴ入り。かっこいい〜。

まとめ

クラシックホテルで味わう「発祥グルメ」。

洋食の歴史を感じられる、貴重なひとときでした。

ナポリタンは正直、一度でいいかなという印象でしたが、シーフードドリアは絶品。

どちらか迷ったらドリアの方を推しておきます!

この日は「発祥グルメ」を頼んでいる人は少なくて、常連さんがふつうに食事をしているという雰囲気でしたね。

期間限定、シャインマスカットのパフェやショートケーキが売れていたみたい。

次は「おのぼりさん」感を出さずに、おしゃれなパフェを食べてみようかな♪

そうそう、メニュー価格にはサービス料(10%)が別途かかります。

メニュー記載の金額に10%のサービス料、さらに10%の消費税なのでなかなかいいお値段に。

こういうお店で値段のこと言っちゃうのも無粋ですが…予算には余裕を持ってGOです!

ホテルニューグランド「ザ・カフェ」のメニュー

「ザ・カフェ」のメニューはこちら。(2020年9月確認)

※スワイプしてページをめくれます。

秋の季節メニュー
テイクアウトメニュー

ケーキは入口付近のショーケースに、たくさん並んでいました。

ケーキだけのテイクアウトもOKだそうです。

店舗情報

店名コーヒーハウス ザ・カフェ
住所神奈川県横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド本館1階
アクセスみなとみらい線「元町・中華街駅」1番出口より徒歩1分
電話番号045-681-1841
営業時間10:00~21:30(L.O. 21:00)
※コースのラストオーダーは20:30
定休日なし
席数100席
禁煙喫煙全席禁煙
駐車場あり(ホテルの有料駐車場)
※レストラン利用で一定時間サービス
支払方法現金・クレジットカード・交通系電子マネー・楽天Edy
公式サイトhttps://www.hotel-newgrand.co.jp/the-cafe/

コメント

タイトルとURLをコピーしました