【横浜】クルミッ子ファクトリーへ行ってきた!夏季限定「柑橘あんみつ」が最高においしい

外食
この記事は約7分で読めます。

横浜ハンマーヘッド2階の「鎌倉紅谷 クルミッ子ファクトリー」へ行ってきました。

ここでしか味わえない限定スイーツあり、工場見学ありの楽しい施設。

夏限定の「柑橘あんみつ」が最高においしかったので、レポートしたいと思います♪

「クルミッ子ファクトリー」について

KURUMICCO FACTORY(クルミッ子ファクトリー)」は、鎌倉銘菓「クルミッ子」を販売する鎌倉紅谷の店舗のひとつ。

ファクトリー・ショップ・カフェが集約されており、工場見学をしながらカフェ限定のスイーツをいただき、お土産も買うことができます。

土日祝日を中心に、クルミッ子を自分で作れるワークショップも開催。

「見る」「味わう」「体験する」3つの要素を一度に楽しめる、クルミッ子ファンにとってはたまらないスポットなのです。

「クルミッ子ファクトリー」の場所

クルミッ子ファクトリーは2019年10月にオープンした、横浜ハンマーヘッド内にあります。

「食」をテーマとした体験・体感型の商業施設「横浜ハンマーヘッド」。

クルミッ子ファクトリーの他にも、レストランやカフェ、スイーツショップなど全25店舗が出店しています。

2階港側の一番奥が「クルミッ子ファクトリー」。工場併設なので敷地はかなり広めです。

店内の様子

店内は入口近くにショップ、その奥にカフェという作り。

隣り合ったファクトリーはガラス張りで、クルミッ子の製造工程がよく見えますよ。

▼店内マップ

カフェは注文してから席に着くセルフスタイル。

工場側の席からはクルミッ子の製造レーンが、窓際からは港の様子が一望できます。

テラス席も利用可。

一番奥はワークショップを行うスペースでしょうか。この日は客席として開放されてました。

カフェメニュー

カフェのメニューはこちら。

クルミッ子を使った限定スイーツや、クルミッ子の切り落としを詰めた「クルミミカップ」など、ここでしか味わえないメニューが揃っています。

ちなみに八幡宮前にある鎌倉紅谷本店には「Salon de Kurumicco(サロンドクルミッコ)」というフルサービスのカフェが併設されています。

横浜と鎌倉ではカフェのメニューが異なりますのでご注意を。

▼参考:Salon de Kurumiccoについて

本日のオーダー

  • 柑橘あんみつ
  • The Factory’s クルミッ子パフェ
  • 鎌倉だよりの抹茶ラテ
  • アイスカフェラテ

この日は夏季限定の「柑橘あんみつ」がどうしても食べたくて!

鎌倉のサロンにはないメニュー、しかも期間限定と言われたらほっとけないですよね。

注文を済ませると、呼び出しブザーが渡されます。ブザーにもリスくんがいるーっ!

柑橘あんみつ

というわけで、お待ちかねの「柑橘あんみつ」。

あんみつに柑橘の組み合わせ、斬新じゃありません?

伊予柑ソースであえた寒天をベースに、様々な具材がトッピングされています。

具材は「つぶあん・抹茶ゼリー・ミルクアイス(キャラメルソースがけ)・白玉・赤えんどうかのこ豆・金柑・甘夏みかん・さくらんぼ・クルミッ子」。

スポイトに入った「キャラメル黒蜜ソース」をお好みでかけて。

伊予柑ソースの寒天は、酸味が爽やか!

甘夏と金柑もアクセントになっていて、夏に食べても飽きないさっぱりさです。

キャラメルの甘さとも不思議と合うんだよなぁ。

和と洋の融合、甘味と酸味の融合という新感覚のあんみつでした。

おいしすぎて毎日でも食べたい……。

The Factory’s クルミッ子パフェ

「The Factory’s クルミッ子パフェ」は、サロンドクルミッ子で提供されているクルミッ子パフェを小さめサイズにしたもの。

ローストしたくるみをはじめ、コーヒーゼリー・チョコムース・塩キャラメルアイスなど、くるみと相性のよい素材が詰まっています。

そしてもちろん主役はクルミッ子!三角にカットされたものが2つ、つまりクルミッ子1個分がのっています。

ファクトリー限定のリスくん旗がかわいい〜♪

キャラメル→チョコ→コーヒーと、食べ進めるにつれてビターな味わいになっていくのがいいですね。最後まで飽きずに楽しめます。

鎌倉だよりの抹茶ラテ

抹茶ラテは人気のサブレ「鎌倉だより」に使われている、西尾の抹茶を使用しているんだそう。

香りがよくて濃厚!練乳の優しい甘みが付いています。

ハートのラテアートもしてくれました♡

アイスカフェラテ

本格エスプレッソマシンを使った、こだわりのカフェラテ。

飲んでみるとかなりコーヒーが濃いんです。苦すぎるってわけじゃなくて、しっかりとコーヒーの味がする。

クルミッ子パフェと相性抜群でした。

ファクトリーの様子

カフェを満喫したあとは、しばしファクトリー見学。

キャラメル作りから、生地をのばすところ、カットや包装の様子まで全部見れちゃいます。

写真じゃ伝わりきらないので、ぜひ一度見に行ってほしい〜。

こちらは焼き上がったクルミッ子を運ぶ、その名も「クルミッ子運ぶくん」。

(この日見たときはちょうど休憩してたので…次は運んでるとこを激写したい!)

ハンマーヘッド限定パッケージをお土産に

帰り際にショップでお土産を購入。

ハンマーヘッド限定パッケージのクルミッ子と、クルミッ子がまるごと入ったパウンドケーキ「クルミッ子INN」を買いました。

限定パッケージは、リスくんがキャラメルを炊いてるところ。

側面にも横浜をイメージしたイラストが。細かいところまで凝ってます。

キャラメルの中にくるみがぎっしり詰まったクルミッ子、いつ食べてもおいしいなぁ。

クルミッ子INNについては、別記事に詳しくまとめています。

ワークショップ「クルミッ子つくるっ子!」

クルミッ子作りを実際に体験できちゃうワークショップ「クルミッ子つくるっ子!」が、土日祝日を中心に開催されています。

  • 日程:主に土日祝日 1日2~3回
  • 参加人数:8名まで
  • 体験時間:90分程度
  • 体験料:お1人様3,000円(税抜)
  • 予約:公式サイトから事前予約制

ワークショップの様子は、横浜の情報サイト「はまこれ横浜」に詳しく書かれていますので、参考にしてみてください。



とっても楽しそうな「クルミッ子つくるっ子!」ですが、新型コロナウイルスの影響で年内(2020年)の中止が決まったそうです。

残念ですが、再開を楽しみに待ちたいと思います。

今回はワークショップなしでも、カフェと工場見学で十分楽しめましたよ♪

おまけ:レンガの秘密

クルミッ子ファクトリー内には、本店と同じくレンガが敷き詰められた壁があります。

このレンガはクルミッ子と同じサイズ。そしてところどころにリスくんが隠れてます。

ファクトリーで働くリスくん。何匹いるか探してみるのも楽しいかも。

そして1匹だけ、リスくんじゃない動物も隠れています。

鎌倉紅谷のTwitterやインスタをフォローしている人ならご存じかな?

ファクトリーへ行ったらぜひ探してみてください♪

店舗情報

店名KURUMICCO FACTORY(クルミッ子ファクトリー)
住所横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド2階
アクセスみなとみらい線「馬車道駅」より徒歩10分
みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩12分
JR京浜東北線「桜木町駅」より徒歩15分
営業時間11:00〜21:00(工場見学は11:00〜19:00)
※現在、営業時間が変更されています。
詳細は公式サイトをご参照ください。
休業日横浜ハンマーヘッドに準ずる
席数店内50席・テラス席30席
駐車場横浜ハンマーヘッド駐車場利用可
※有料・施設内で買い物をすると割引あり
公式サイトhttps://www.beniya-ajisai.co.jp/kf/

鎌倉紅谷 関連記事

▼クッキー缶「プティ・パケ」を食べてみた

▼琥珀糖「花火」を食べてみた(夏季限定)

▼パウンドケーキ「クルミッ子INN」を食べてみた

▼鎌倉「サロンドクルミッ子」訪問レポ

コメント

タイトルとURLをコピーしました