白央篤司さんの「鶏トマトそば」を作ってみた【人気レシピお試し】

料理
この記事は約3分で読めます。

ネットで見かけた人気レシピから「鶏トマトそば」を作ってみました。

化学調味料不使用。

シンプルな材料でびっくりするほどおいしい、夏におすすめのレシピです!

「鶏トマトそば」について

鶏トマトそば」は、フードライター・白央篤司さんのオリジナルレシピ。

ウェブマガジン『メシ通』に掲載されています。

少し前にTwitterで白央さんをフォローさせていただいたところ、ちょうどこのレシピを紹介していました。

市販の鶏ガラスープなどを使わず、鶏挽き肉・トマト・セロリで出汁をとるシンプルなお料理。

作ってみたTweetをガンガンRTしていて、どれも本当においしそうなもんだから、私も作ってみたい!と思うようになり、今回チャレンジしてみることに。

チャレンジといっても賞味20分くらいでできるレシピなので、気負うことはないのです。

最近ほとんど料理をしてなかったから、ちょっとバタバタしたけども…。

作ってみた

というわけで、出来上がりがこちら。(レシピは「メシ通」を見てね〜)

三つ葉を万能ねぎに変えた以外は、ほぼレシピ通りです。

鶏肉に含まれる旨味成分「イノシン酸」と「グルタミン酸」、さらにトマトのグルタミン酸も加わって、少ない材料でも旨味たっぷり。

前評判どおり、びっくりするほどカンタンでおいしかったです。

身体にすっと入ってくる、優しい味わい。トマトが安い夏の時期に、何度も作りたくなりました。

アレンジ無限大

この「鶏トマトそば」、入れる野菜や調味料によって、いろんなアレンジができます。

記事に紹介されているもの以外にも、レタスなんかを入れても合うらしい。

醤油をナンプラーに変えて、パクチーをのせてエスニック風、オリーブオイルと黒胡椒でイタリア風…などなど、アレンジ無限大。

私はエスニックが好きなので、次回ナンプラー&パクチーで試してみようと思います。麺はフォーが合うかな。

鶏もも挽き肉がなかなか売ってない

いざ作ろうと材料を買いに行ったとき、ちょっと困ったことがありました。

「鶏もも挽き肉」がスーパーに売ってないのです。

あっても「鶏むね挽き肉」だけとか、そもそも鶏挽き肉を置いてないとか。

売り場に出ても豚挽きと比べて少量なので、すぐ売り切れちゃうんでしょうかね。

むねとももでは味も違うと思い(ももの方が旨味が強そう)、スーパー3軒はしごしてようやく見つけました。

鶏トマトそば、作ってみようと思ったら、まずは鶏もも挽き肉の潤沢なスーパー探しから始めるのがよさそうです。

ヤオコーにわりとたくさんあったよ、というローカルネタで締め。

この記事を書いたのは
さくら

おいしいもの大好きフリーライター。趣味はカフェ巡りです。

さくらをフォローする


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このブログ「おいしいモノローグ」はにほんブログ村に参加しています。

記事がお役に立ちましたらポチッと応援クリックいただけるとうれしいです。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

応援クリックありがとうございました!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



料理
おいしいモノローグ

コメント

タイトルとURLをコピーしました