【鎌倉紅谷】「飲むクルミッ子」を飲んでみた!(本店カフェ限定)

外食
この記事は約4分で読めます。

鎌倉銘菓「クルミッ子」がドリンクに!?

その名も「飲むクルミッ子」を飲んでみました。

鎌倉紅谷 八幡宮前本店のカフェ「Salon de Kurumicco(サロンドクルミッ子)」限定で味わえるスペシャルドリンク。

10月末ごろからは、横浜「Kurumicco Factory」でも販売されるそうですよ♪

「飲むクルミッ子」とは

「クルミッ子」といえば、今や鎌倉を代表する人気スイーツ。

クルミをたっぷりの自家製キャラメルをバター生地でサンドしたお菓子です。

▼参考:クルミッ子について

そんな「クルミッ子」がなんと、ドリンクになって登場!

クルミッ子は飲み物です”をテーマに作られたその名も「飲むクルミッ子」が、鎌倉紅谷本店のカフェ限定で販売されています。

クルミッ子をたっぷり1.6個分使用し、クルミッ子の味わいをそのまま再現したドリンクとのこと。

「飲むクルミッ子」を飲んでみた

「飲むクルミッ子」がどうしても気になって、Salon de Kurumiccoへ行ってきました♪

見た目はクリーム色のシェイクのようなドリンク。

キャラメルソースと、クルミッ子のバター生地を砕いたものがトッピングされています。

付属の太いストローでひと口。

出てきた感想は…

あ、これ、クルミッ子だ!

まさに「飲むクルミッ子」の名にふさわしい再現度合い。

キャラメルやくるみの味はもちろん、バター生地の香ばしい風味まで伝わってきます。

ベースはミルクシェイクのような感じ。甘すぎず、意外とサッパリしています。

ダブルウォールグラスの効果でしょうか、時間が経ってもひんやり感が持続していて最後までおいしく飲めました。

レモン◯個分のビタミンC、ならぬ「クルミッ子1.6個分の幸せ」がつまった、最高のドリンク。

期間限定でなく通年販売なので、気に入ったらリピできるのがうれしいですね!

テイクアウトも可だそうで、天気の良い日は鶴岡八幡宮散策のお供にも。

この日は「モンブラン・ユニーク」を一緒にいただきました。

「モンブラン・ユニーク」は、ヨーグルトアイスとカシスソースを使った、酸味がアクセントのオリジナルモンブランです。

軽くいただけるので、甘いドリンクと合わせても重くなりすぎなくておすすめですよ。

販売店舗と値段

  • 品名:飲むクルミッ子
  • 価格:720円(税別)
  • 発売日:2020年9月20日(日)~ ※通年
  • 場所:Salon de Kurumicco(サロンドクルミッ子)
  • 住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4
       鎌倉紅谷 八幡宮前本店2階
  • 備考:金曜定休

「飲むクルミッ子」は、鎌倉紅谷本店2階のカフェ「Salon de Kurumicco(サロンドクルミッ子)」にて提供されています。

「サロンドクルミッ子」は鶴岡八幡宮の目の前にあり、観光ついでに立ち寄れる最高の立地。

フルサービスでゆったり過ごせるカフェです。

▼サロンドクルミッ子について詳しくはこちら。

なお、10月末からは横浜の「Kurumicco Factory」での提供も予定しています。

ファクトリーの方は「塩」を加えた限定版になるんだそうですよ。

関連リンク

▼Salon de Kurumicco 公式サイト

鎌倉紅谷 関連記事

▼鎌倉銘菓「クルミッ子」を徹底紹介

▼パウンドケーキ「クルミッ子INN」

▼クッキー缶「プティパケ」(本店限定販売)

▼鎌倉「Salon de Kurumicco」体験レポ

▼横浜「Kurumicco Factory」体験レポ

コメント

タイトルとURLをコピーしました