名古屋土産「青柳ういろう ひとくち」食べきりサイズがうれしい5色入り 賞味期限・カロリー・販売店舗は?

お菓子
この記事は約5分で読めます。

名古屋の定番土産、青柳総本家の「青柳ういろう ひとくち」を食べてみました!

カラフルな5色のういろうは、手を汚さずに食べられる一口サイズ。

カエルが描かれた可愛らしいパッケージにも注目です。

味の感想やカロリー、賞味期限、販売店舗についてまとめました。

「青柳ういろう ひとくち」について

和菓子の中でも「ういろう」が大好物な私。

名古屋へ行くと必ず、青柳ういろうを買って帰ります。

昔は長くて大きい棹菓子タイプが主流でしたが、最近は一度に食べ切れる「ひとくち」タイプが増えてきていますね。

▼参考:長いタイプの「青柳ういろう」について


今回伺った青柳総本家 KITTE名古屋店では、ひとくちタイプが豊富に揃っていました。

青柳ういろうのロゴマークにちなんだ、可愛いカエルのパッケージを見つけて購入!

このパッケージは最近登場したみたいです。

5種5個入りで486円(税込)。

今回は自分用に買いましたが、お手頃価格でお土産にもぴったりです。

「青柳ういろう ひとくち」を食べてみた感想

以下の5つの味が入っていました。

  • しろ
  • くろ
  • 抹茶
  • 上がり(こしあん)
  • さくら

1個50gの食べきりサイズ。おやつなら2個くらい食べられちゃうかな〜という大きさ。

それぞれの味の特徴を紹介しますね。

しろ

シンプルな白いういろう。優しい甘さで、お米本来の風味を楽しめます。

くろ

黒糖のコクのある風味が特徴。甘さも「しろ」より強く感じました。

抹茶

抹茶の爽やかな香りと苦み、渋みが心地よく、後味さっぱり。

上がり

ういろうのもっちり食感とこしあんのなめらかな舌触りが融合。少し羊羹っぽい感じです。

なぜ「上がり」という名前なんだろう?と思い調べてみると、青柳総本家公式サイトにこんな説明がありました。

「上がりういろう」は、こしあん風味のういろうです。
昭和34年に当時の皇太子陛下がご成婚されたのを記念し、発売したので 「上がりういろう」と名付けられました。
また、和菓子の用語で上質なこしあんのことを「上がりあん」と呼びます。

なるほど、献上品の「上がり」と和菓子用語「上がりあん」のダブルミーニングなわけですね。

さくら

華やかなピンク色、ほんのりさくらが香ります。香りがキツすぎないのがポイント。

どれもしっとりもちもちでおいしい〜♪

ういろうの魅力はなんといっても、もっちりした独特の食感ですよね。

色ごとに異なる味わいが楽しめる5種セット。

私は特に「上がり」と「さくら」が好きです。

「青柳ういろう ひとくち」の開け方

ひとくちタイプの青柳ういろうは、手を汚さず食べられるパッケージになっています。

フィルムの真ん中を横に引いて、ぐるっと1周。

上の部分を外すとこんな風に、持つところ以外キレイにフィルムがはがせますよ〜。

棹タイプだと包丁で切ってお皿に盛って…と手間がかかるところ、洗い物が出ずにいただけるのは便利です。

「青柳ういろう ひとくち」のカロリー

「青柳ういろう ひとくち」味ごとのカロリーは以下の通り。

  • しろ:94kcal
  • くろ:95kcal
  • 抹茶:93kcal
  • 上がり:99kcal
  • さくら:93kcal

どの味も1個あたり約100kcal。食べごたえのわりには低カロリーな気がします。

おいしくてだいたい1個じゃ終わらないんですけどね…(笑)

「青柳ういろう ひとくち」の賞味期限

賞味期限は「製造日より20日間」とのこと。

今回購入したものは、購入日の15日後が賞味期限でした。

ういろう、意外と日持ちするんですね。

とはいえ早めに食べた方が、本来のもちもち感が楽しめておいしいです。

保存は「常温」で!

冷蔵庫に長時間入れると固くなってしまうのでご注意を。

夏場は1時間ほど冷やして食べてもおいしいですが、冷蔵庫に入れっぱなしは厳禁です。

「青柳ういろう ひとくち」の値段

個数ごとの値段は以下の通り。

5個入(袋)486円(税込)
10個入(箱)1,080円(税込)
15個入(箱)1,620円(税込)
20個入(箱)2,160円(税込)

5個の袋入りは箱がないぶん、ちょっぴりお安くなってます。

「青柳ういろう ひとくち」はどこで買える?

「青柳総本家」の直営店舗は、名古屋市内にある以下の4店です。

  • 大須本店(名古屋市中区大須2-18-50)
  • 守山直営店(名古屋市守山区瀬古1-628-1)
  • KITTE名古屋店(名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋店1F)
  • エスカ直営店(名古屋駅新幹線側エスカ地下街)

そのほか、駅のキオスクや高速道路サービスエリア、百貨店などでも販売しています。

青柳ういろうは人気のお土産なので、名古屋市内のお土産屋さんならたいてい置いてますよ。

販売店舗について詳しくは、公式サイトの店舗案内をご確認ください。

青柳総本家 関連記事

名古屋みやげ 関連記事

コメント

  1. […] […]

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました