【北海道土産】「白い恋人」ホワイトとブラックを食べ比べ!カロリー・販売店舗・東京で買える場所は?

お菓子
この記事は約7分で読めます。

北海道銘菓「白い恋人」を徹底ガイド!

定番ホワイトと、ミルクチョコのブラックを食べ比べてみました。

カロリー、賞味期限、販売店舗、東京で買える場所などについてもまとめています。

北海道銘菓「白い恋人」について

北海道のお土産として真っ先に名前が上がる、石屋製菓の「白い恋人」。

四角く焼いたラングドシャにホワイトチョコをサンドした、お馴染みのチョコサンドクッキーです。

「白い恋人たちが降ってきたよ。」

スキーを楽しんだ帰り道に創業者が何気なく言ったひとことが「白い恋人」という商品名の由来なんだそう。

販売開始は1976年12月。なんと今年で、45周年を迎えます。

「白い恋人」ブラックって?

白い恋人には「ホワイト」と「ブラック」の2種類があります。

「ホワイト」は真っ白なホワイトチョコレートを挟んだもの。

「ブラック」は茶色いミルクチョコレートを挟んだものです。

“白い”恋人なのにブラックってどういうこと?と思いましたが、けっこう前からあるんだそうで。

私が子どもの頃はホワイトしかなかった気がするんですよね。いつ登場したんだろう…?(調べてみたけど分からなかった)

ホワイトとブラック、お値段は同じで、2色セットの詰め合わせも販売されています。

「白い恋人」の種類と値段

24枚入 ホワイト&ブラック

石屋製菓「白い恋人」の種類と価格は以下の通り。

9枚入 ホワイト648円(税込)
12枚入 ホワイト864円(税込)
18枚入 ホワイト1,296円(税込)
18枚入 ブラック1,296円(税込)
24枚入 ホワイト1,728円(税込)
24枚入
ホワイト12枚/ブラック12枚
1,728円(税込)
27枚缶入 ホワイト2,052円(税込)
36枚缶入
ホワイト27枚/ブラック9枚
2,808円(税込)
54枚缶入
ホワイト36枚/ブラック18枚
4,104円(税込)

箱入りのものは、1枚あたり72円という計算になりますね。

「白い恋人」を食べてみた

普段はほぼ北海道でしか買えない「白い恋人」。

去年ぐらいから、関東のサービスエリアでもたまに見かけるようになりました。

白い恋人が大好物なわたくし歓喜。

久しぶりに食べたくなって、ホワイトとブラックが半々で入った24枚入を購入してみましたよ。

おしゃれなパッケージ

包装紙は、黒と青が半々のデザイン。雪の結晶が描かれています。

ちなみに、ホワイトのみは青い包装紙、ブラックのみは黒の包装紙です。

2種詰め合わせはそのハイブリッド、というわけですね。

白い恋人 ホワイトのみのバージョン

包装紙を外すと、印象的なブルーのパッケージが。

このパッケージに描かれている山、どことなく海外っぽい雰囲気がありますが…実は北海道の「利尻山」。

白い恋人のパッケージに描かれている山が、実は北海道の秀峰「利尻山」ということをご存知ですか?
当時の社長が利尻を訪れた時、まるでスイスの山並みのようだと感激し、
ヨーロッパ風のお菓子を目指していたことから、その美しい山容をパッケージに描いたそうです。

石屋製菓公式サイトより

開け口シールにさりげなく描かれた、ネコちゃんにも注目してみましょう。

白い恋人に使われているクッキー「ラングドシャ」は、フランス語で「ネコの舌」という意味。

そこからネコがキャラクターに起用されたんだとか。

ネコちゃんにはもう一匹仲間がいて、「プルミ」と「ラムル」という名前もついています。

▼参考:白い恋人パーク公式サイト「プルミとラムルについて」



詰め合わせは、こんな風に2色交互に入っています。

白いほうがブラック、緑の方がホワイト。(ちょっと紛らわしい)

最近は個包装のパッケージにも、賞味期限が書かれるように。

バラで配るお土産としても便利ですね。

ホワイトとブラックを食べ比べ!

さてさて、いざ実食といきましょう。

まずは定番の「ホワイト」から。

ラングドシャからちょっぴりはみ出したホワイトチョコレート、その甘い香りが鼻をくすぐります。

さっくり軽いラングドシャに、ミルキーな甘さのホワイトチョコレート…

これだよこれ!久しぶりに食べましたが、やっぱりおいしい。

チョコレートの口どけの良さにうっとりします。



お次は、初めましての「ブラック」。

「白い恋人」なんだからホワイトこそ至高でしょ。ブラックなんて邪道!

と思いつつも、石屋製菓さんが出すものだけに期待していいはず…。

ホワイトよりもやや甘さ控えめ、カカオ香るミルクチョコレートがなめらかにとろけて至福の味わい。

あれ、どうしよう、これホワイトよりおいしいんではないか?

(もともとホワイトチョコよりミルクチョコが好き)

ホワイトのみだと甘ったるくて飽きがちですが、「ホワイト→ブラック→ホワイト…」と、交互に食べるとエンドレスでいけちゃいますね。

温かいコーヒーや紅茶をたっぷり用意して、ぜひ“エンドレス白い恋人”を楽しんでみてください♪

「白い恋人」ホワイト・ブラックのカロリーは?

ついついたくさん食べてしまうけど、気になるのがカロリー。

「白い恋人」1枚あたりのカロリーは、ホワイト・ブラックともに57kcalです。

おやつに食べるなら4枚以内が無難でしょうかね。

「白い恋人」の賞味期限は?

「白い恋人」の賞味期限は、製造日から180日(約半年)後だそうです。

今回購入したものは、期限まで4ヶ月以上ありました。

個包装タイプで日保ちもするので、お土産にピッタリ。

ただしチョコレートが溶けやすいので、28℃以下の涼しい所で保存しましょう。

夏場は冷蔵庫で冷やして食べるのもおすすめです。

「白い恋人」を買える場所

「白い恋人」を販売する、石屋製菓の直営店舗は以下の通り。(いずれも北海道です)

  • ISHIYA SHOP 札幌大通西4ビル
  • ISHIYA SHOP 大丸札幌店
  • ISHIYA SHOP エスタ大食品街
  • ISHIYA SHOP さっぽろ東急百貨店
  • ISHIYA SHOP 丸井今井札幌本店
  • ISHIYA SHOP アリオ札幌
  • 白い恋人パーク ショップ・ピカデリー

その他、全国の主要な空港内免税店でも購入することができます。

空港内の店舗については、公式サイトをご確認ください。



基本的には北海道限定のため、ほかに買えるのは「北海道展」などの催事販売でしょうか。

コロナの影響か、期間限定で百貨店、SA・PAなどでの販売も行っているようなので、チェックしてみてください。

石屋製菓の“北海道外”ブランドがある

東京で白い恋人を買える常設店舗はないの?と調べていたら、石屋製菓が展開する北海道外ブランドを発見。

ブランド名はISHIYA(またはISHIYA GINZA)で、GINZA SIX内の店舗が1号店だそうです。

現在の店舗は以下の通り。

  • ISHIYA GINZA(イシヤ銀座)
  • ISHIYA SHINJUKU(イシヤ新宿)
  • ISHIYA TOKYO Sta.(イシヤ東京ステーション)
  • ISHIYA HANEDA(イシヤ羽田)
  • ISHIYA NIHONBASHI(イシヤ日本橋)※カフェ
  • ISHIYA SHINSAIBASHI(イシヤ心斎橋)

関東5店舗、大阪1店舗とまだ店舗は少なめ。

「白い恋人」と全く同じものは売っていませんが、北海道外ブランドオリジナルの「Saku(サク)」というラングドシャなどを販売しています。

▼公式サイトはこちら。

日本橋のカフェでは「白い恋人ソフトクリーム」も味わえるんだそう。

これは近いうちに行ってみたいですね♪

関連記事

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました