ロイズの「生チョコレート」を食べてみた!フレーバーの種類・カロリー・販売店舗・なめらかさの秘密は?

お菓子
この記事は約6分で読めます。

北海道「ロイズ」の看板商品「生チョコレート」を食べてみました。

北海道産生クリームをたっぷり使用した、極上のくちどけ。

全フレーバーリストや、定番「オーレ」の味の感想、カロリー、販売店舗などについて詳しくまとめています。

ロイズ「生チョコレート」とは

ロイズ(株式会社ロイズコンフェクト)は、北海道・札幌に本社を置くチョコレートメーカー。

ポテトチップチョコレート」や「バーチョコレート」など、北海道土産として人気のお店です。

そんなロイズの数ある商品のなかでも、とろける食感の「生チョコレート」は、1995年の発売以来愛され続ける看板商品となっています。

定番のフレーバー「オーレ」をはじめ、通年販売9種類+季節限定と、フレーバーの数が多いのも人気の秘密。

ロイズ「生チョコレート」の種類と値段

実は私は定番の「オーレ」しか食べたことがないのですが…

通年販売のフレーバーだけで、こんなにたくさんあるんだそう。

フレーバー名税込価格詳細
オーレ778円ミルクチョコレート+洋酒
マイルドミルク778円ミルクチョコレート(お酒不使用)
ビター778円ビターチョコレート+コニャック
ガーナビター778円ガーナ産カカオのビターチョコ(お酒不使用)
ホワイト778円ホワイトチョコレート+洋酒
マイルドホワイト778円ホワイトチョコレート(お酒不使用)
抹茶778円ホワイトチョコ+抹茶+洋酒
シャンパン
ピエール ミニョン
778円ミルクチョコレート+
シャンパン「ピエール ミニョン」
アイラウイスキー
(ポートシャーロット)
821円ミルクチョコレート+
ウイスキー「ポートシャーロット」

ロイズ公式サイトには、カカオ感やお酒の強さなどで分類した「生チョコレート”早わかり”味わいチャート」が掲載されています。

ひと目でわかりやすくて便利!
購入の際は、ぜひ参考にしてみてください。

ロイズ「生チョコレート」を食べてみた

今回は百貨店の催事(北海道展)で見かけ、いつものお味「オーレ」を購入しました。

原材料の先頭に「生クリーム(国内製造)」と書かれています。シンプルな材料で、植物油脂や保存料は不使用。

箱の中にさらに袋に包まれた生チョコレートと、黄色いピックが入っています。

フタを開けるとふわりと広がるカカオの香り。中身は5×4で20粒です。

さっそくいただいてみましょう。プスっとな。

あれ…1列つながってしまった…(笑)

気を取り直して…1粒をじっくりいただきます!

口に入れた途端にとろける、なめらかな舌触り。

ココアパウダーの苦味の後から、ミルクのまろやかな風味が広がります。

何度食べてもおいしい〜!やっぱりロイズの生チョコは絶品ですねぇ。

洋酒はほんのり感じる程度なので、アルコールが苦手な人でもこれくらいなら大丈夫かも?

とはいえ小さいお子さんには、お酒不使用の「マイルドミルク」の方をおすすめします。

レギュラーだけで9種ものフレーバーがあることを知ったので、ほかにもいろんなお味を試してみたいと思います!

ロイズ「生チョコレート」なめらかさの秘密

ロイズの生チョコレート、その極上のなめらかさは、北海道の上質な生クリームをたっぷり使い、水分含有率を高くすることで生まれるんだそう。

生クリームや洋酒などを合わせた「水分量」は全体の17~18%

これは定められた「生チョコレートの規格基準※」を大きく上回っています。

※「生チョコレート」の規約

「生チョコレート」と表示するための条件のひとつとして生クリームが全重量の10%以上で、水分(生クリームに含有されるものも含む)が全重量の10%以上である、と定められています。 (「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」による)

ロイズ公式サイトより

水分量が多い=溶けやすくとってもデリケートなため、保存は「10℃以下の要冷蔵」。

この点が、旅のお土産としてはちょっと不向きなんですよね。

人にあげるお土産は、生チョコ以外の普通のチョコレート。

生チョコは自宅用に、催事や通販などで買うのがベストかもしれません♪

ロイズ「生チョコレート」のカロリーは?

おいしくてついたくさん食べちゃう、ロイズの生チョコ。

気になるカロリーはそれぞれ以下の通りです。

フレーバー1箱あたり1粒あたり
オーレ720kcal36kcal
マイルドミルク780kcal39kcal
ビター700kcal35kcal
ガーナビター740kcal37kcal
ホワイト760kcal38kcal
マイルドホワイト780kcal39kcal
抹茶740kcal37kcal
シャンパン
ピエール ミニョン
760kcal38kcal
アイラウイスキー
(ポートシャーロット)
720kcal36kcal

フレーバーごとにほんの少し差がありますが、定番のオーレで1粒36kcal

1箱の半分(10粒)食べても360kcalか〜。

食べごたえのわりに、カロリーはそこまで高くなくてありがたいです。

ロイズ「生チョコレート」の賞味期限は?

ロイズ「生チョコレート」の賞味期限は、約1ヶ月です。(※未開封の場合)

「開封後は賞味期限に関わらず、お早めにお召し上がりください」と書かれていました。

ロイズ「生チョコレート」を買える場所

ロイズの直営店は、北海道内に12店舗。そのほか、全国の主要空港に空港免税店があります。(コロナの影響で一部休店中)

▼店舗について詳しくは公式サイトをご確認ください。

北海道以外ではどこで買える?

実は北海道以外でも、全国に3店舗だけ、ロイズの商品を常時取り扱っているお店があります。

県名販売店名
宮城県池月道の駅 あら・伊達な道の駅
東京都北海道どさんこプラザ 「有楽町店」
愛媛県宇和島市交流拠点施設 「きさいや広場」

関東だと、有楽町にあるアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」のみで購入可能。

取扱商品は一部だそうですが、生チョコレートは定番商品なのでおそらく販売しているのではと思います。(ただしフレーバーは絞られそう)

 

あとは百貨店の「北海道展」やバレンタインなどの催事販売ですね。

催事情報も公式サイトで公開されていますので、チェックしてみてください。

オンラインショップ

好きなタイミングで買いたいなら、やっぱり通販が便利。

公式オンラインショップのほか、楽天市場にも公式の店舗があります。

通販だと確実に、すべての商品の中から選べるのが嬉しいですね。

ふるさと納税の返礼品にも

ロイズのチョコレートは、北海道当別町のふるさと納税返礼品にもなっています。

写真は以前、10,000円の寄付で「5点以上セット」をいただいたときのもの。

看板商品である生チョコ「オーレ」と、ポテトチップチョコレート「オリジナル」は必ず入っており、チョコ好きにはたまらないセット。

ふるさと納税を検討されている方におすすめです♪

ロイズ 関連記事

ロイズ「ポテトチップチョコレート」については、こちらにまとめています。

北海道みやげ 関連記事

コメント

関連ブログ

パスタがあればなんでもできる!

素パスタのブログをはじめました。

⇒ 素パスタブログ

タイトルとURLをコピーしました