2月25日の秘密のケンミンSHOWは登利平!

2月25日放送の「秘密のケンミンSHOW」に群馬定番の鳥めし弁当が登場!
番組で紹介された「登利平」に関する記事が当ブログ「おいしいモノローグ」にはあります。

【実食レポ】チョコレートくんのブランド「ショコラドゥシマ」カカオの個性が楽しめる極上の味

お取り寄せ・おうちグルメ
この記事は約7分で読めます。

人気チョコレートブロガー「チョコレートくん」の手掛けるショコラブランド「ショコラ ドゥ シマ」のチョコレートを食べてみました。

チョコとフルーツの相性を楽しめるタブレットに、チョコレートをたっぷり配合したマドレーヌ。

チョコレートをこよなく愛する「チョコレートくん」ならではの、繊細な味わいを楽しめます。

普段はオンラインショップのみの販売ですが、バレンタイン時期は百貨店の催事で購入できますよ。

「ショコラ ドゥ シマ」について

チョコレート探検家の「チョコレートくん」が手掛けるショコラブランド「Chocolat du Cima(ショコラ ドゥ シマ)」のチョコレートを初めて買ってみました。

チョコレートくんといえば、チョコレート専門ブログ「チョコレートくんのチョコラボ」を運営する、チョコレート界の有名人です。

チョコレートが好きすぎてチョコレートのブログを始め、気づけば自らショコラブランドを立ち上げてしまったというチョコレートくん。

私はTwitterからチョコレートくんを知り、いつも情報を参考にさせてもらっています。

高級ショコラティエだけでなく、コンビニチョコなどの身近な商品の情報も発信してくれるので、親しみやすいんですよね。

そんなチョコレート愛あふれる「チョコレートくん」が作り出すチョコレートは、一体どんなお味なのでしょうか。

「ショコラ ドゥ シマ」の商品ラインナップ

「ショコラ ドゥ シマ」の商品ラインナップは、大きく分けて以下の4つ。

  • タブレットショコラ
  • ショコラマドレーヌ
  • テリーヌショコラ
  • エスメラルダガナッシュ

販売は基本的にオンラインショップのみで、実店舗はありません。

ただしバレンタインシーズンのみ、百貨店の催事販売あり。

2021年は東京都「東武池袋店」と埼玉県「そごう大宮」に出店しています。

今回は大宮そごうのバレンタイン催事にて購入してきました。

残念ながら「生チョコレートくん」には会えませんでしたが、チョコレートに詳しく親切な店員さんが相談に乗って選んでくれました♪

「ショコラ ドゥ シマ」のチョコレートを食べてみた!

購入したのは以下の3点。

  • タブレット フルティエ
  • タブレット バナーヌ(そごう大宮限定)
  • ショコラマドレーヌ5個入り

持ち手がリボンになっている、こんなおしゃれな紙袋に入れてくれます。

タブレット2種

まずはタブレットを開封!

箱のデザインも上品でステキですね〜。

(写真だとちょっと分かりづらいですが、白地にピンクゴールドです。)

店員さんに「紅茶が好き」と伝えたら勧めてくれたのが「タブレット フルティエ」です。

見た目は普通の板チョコですが…

裏側にたっぷり、セミドライのフルーツがトッピングされています。

フルーツは「シャインマスカット・ピオーネ・スモモ」の3種類。

シャインマスカットとピオーネを別々に味わえるように、モールド(型)の線が工夫されているんだそう。

パリッと端を割ったら見事にシャインマスカットだけ取れました。これは気持ちいいぞ。

シャインマスカットのジューシーさ、ピオーネの芳醇な味わい、そしてスモモのキュンとした酸味。

ペルー産カカオ70%のフルーティーなチョコレートとよく合っていて、美味しい〜!

紅茶はディンブラを入れましたが、店員さんの見立て通り、相性バッチリでした。

お次はそごう大宮の催事限定「タブレット バナーヌ」。

こちらは売上の一部が医療従事者に寄付されるんだそうです。

表は普通のタブレット。

裏返すと、セミドライバナナのトッピングが。

このセミドライバナナ、完熟したバナナの甘い香りが凝縮されていて、バナナ好きにはたまらないおいしさです。

チョコレート自体もバナナのような香りをもつ、エクアドル産アリバカカオを使用。

合わせる素材によってカカオを変えているところがさすが。

ひとことで言っちゃうと「超高級なチョコバナナ」なんですが、チョコレートとバナナの相性の良さを改めて感じられる一品です。

ショコラマドレーヌ

ショコラマドレーヌは「特撰ショコラマドレーヌ」3個、「クリオーロカカオマドレーヌ」2個が入っています。

「特撰ショコラマドレーヌ」は、マドレーヌとして成立するギリギリのラインまでチョコレートを贅沢に配合した生地を焼き上げ、さらに表面をチョコレートコーティング。

「クリオーロカカオマドレーヌ」は「特撰〜」のチョコレートコーティングの部分にクリオーロ種のカカオニブを加え、香りと食感をプラスしています。

普段のオンラインショップでは、それぞれ1種類5個入りを販売中。

催事限定で2種アソートになっています。1箱で両方味わえるのはお得ですね。

▼上段茶色のシールが「特撰ショコラマドレーヌ」、下段黒のシールが「クリオーロカカオマドレーヌ」。

ショコラマドレーヌは、保存方法がちょっと変わっています。

焼き菓子には珍しく、10℃以下の冷蔵保存。

食べる前にしっかりと冷やすことで、チョコレートの凝縮感が引き出されるんだそう。

というわけで、冷蔵庫から出したてをいただいてみました。

「特撰〜」の方から。

ツヤツヤのチョココーティング。見た目も美しい〜。

「形はマドレーヌ、味わいはガトーショコラ」という謳い文句どおり、とにかくカカオの風味が濃厚。

マドレーヌというと「しっとり」とか、ものによっては「ふわふわ」のものもありますが、これは「みっちり」という表現がぴったりな気がします。

甘さは控えめで、口の中に長く置いておいてもくどくなく、チョコレートの香りと口溶けをじっくりと楽しめます。

温かいカフェオレと合わせるのが最高でした。

「クリオーロ〜」の方は、カカオニブのカリッとした食感と香り、苦味が加わりよりリッチなテイスト。

コーティングのチョコも少し厚いのかな?口に入れたときの「パリッ」という音が心地よくて、クセになりそう。

それにしても、見た目はほんと「マドレーヌ」なんですよねぇ。

マドレーヌ独特の「こぶ」がぷっくり。

断面もマドレーヌらしく、こぶに向かって気泡が伸びています。

普段食べている「ココア風味のマドレーヌ」とは一線を画す、チョコレートを楽しむ濃厚「ショコラマドレーヌ」。初めてのお味に驚きと感動でした。

小麦粉系のお菓子は、冷蔵保存だとデンプンの劣化が早いんじゃないかな〜とちょっと気がかりですが…買ったら早めに食べる方がよりおいしいかもしれませんね。

まとめ

チョコレートをこよなく愛する「チョコレートくん」の手掛けるショコラは、個性あふれるカカオの風味を存分に楽しめる、極上の味でした。

(今回買ったものがたまたまかもしれませんが)全体的に甘さ控えめの傾向。

甘ったるいチョコが苦手な人にも、ぜひおすすめしたいです。

「テリーヌショコラ」や「エスメラルダガナッシュ」、それに別のフレーバーのタブレットも食べてみたい!

バレンタイン催事はもうすぐ終わってしまうので、次回は通販で購入しようと思います。

関連リンク

▼Chocolat du Cima公式サイト

▼チョコレートくんのチョコラボ

▼チョコレートくんのTwitter

バレンタインの関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました