【箱根】星の王子さまミュージアム内のレストラン「ル・プチ・プランス」を徹底紹介

観光地
この記事は約7分で読めます。

小説『星の王子さま』の大ファンである私が、箱根・星の王子さまミュージアム内のレストラン「ル・プチ・プランス」を徹底紹介。

おすすめメニューや店内の見どころ、楽しみ方などを詳しくまとめています。

ぜひ『星の王子さま』の本を片手に、訪れてみてください♪

(訪問日:2020年3月9日)

レストラン「ル・プチ・プランス」について

「星の王子さまミュージアム」はその名の通り、サン=テグジュペリ作の児童文学『星の王子さま』をテーマにしたミュージアムです。

サンテグジュペリの故郷フランスの街並みを再現しており、作者の生涯に関する展示や、星の王子さまグッズの販売など、園内はとにかく”星の王子さま”一色。

星の王子さまにまつわるメニューが揃ったレストランも、見どころのひとつです。

レストランの名前は「Le Petit Prince(ル・プチ・プランス)

「星の王子さま」のフランス語の原題がそのまま付いています。

「ル・プティ・プランス」のメニュー

レストランのメニューはほぼ全品「星の王子さま」になぞらえた料理。

物語冒頭に登場する「ウワバミ」のオムライスや…

王子さまが砂漠で出会った「黄色いヘビ」のパスタなど。

全て紹介しきれないので、メニューは別記事にまとめています。

注文したもの

[ランチ]

  • ウワバミのオムライス
  • 鴨のコンフィ
  • 44回目の夕日(オレンジジュース&グレナデン)
  • 砂漠のオアシス(バタフライピーティー&レモン)

[カフェ]

  • 惑星と砂漠のミモザ(箱根スイーツコレクション限定メニュー)
  • 気むずかしやのローズティー
  • 冷た〜い深煎りアイスラテ

この日はランチ利用とカフェ利用、1日に2度訪問しています。

ウワバミのオムライス

作中に登場する”ゾウを呑み込んだウワバミ(大蛇)”型のオムライス。

ケチャップライスにスクランブルエッグを重ね、グリンピースで目を付けた可愛らしいウワバミちゃんです。

このメニューが一番分かりやすく「星の王子さま」らしさがあるかもしれません。

手前側はデミグラスソース。星型のポテトやカラフルな野菜がトッピングされています。

奥はきのこ入りのクリームソース。

型抜きする都合上、玉子はふわとろとはいきませんが、誰にでもたべやすい優しいお味。

一皿でふたつのソースが味わえる贅沢仕様です。

鴨のコンフィ

「鴨のコンフィ」はサン=テグジュペリの祖国、フランスの郷土料理。

コンフィとは、低温の油で煮るようにして火を通す調理法です。

骨付きの鴨肉は、皮がカリッと焼かれていてお肉は柔らかくジューシー。

本格フレンチさながらに仕上げてますね。

お肉の横にレバーの焼いたのも添えられています。鴨レバー?鶏レバーかな?

ナイフ&フォークで上手に食べなきゃいけないのと、レバーにややクセがあるので、大人向けのメニューだと思います。

セット

食事メニューは基本的に、セットでの注文となります。(単品で頼める料理もあります)

鴨のコンフィには、パンまたはライス・スープ・ドリンク付き。

パンがのってるお皿が…星の王子さまのイラスト入りじゃないですか!

これだけでキュンキュンしちゃいます。

ウワバミオムライスの方は、サラダ・スープ・ドリンクが付きます。こちらもサラダのお皿が星柄。

おしゃれなドリンクたち

ドリンクメニューにも、王子さま要素を取り入れています。

写真左はオレンジジュースにグレナデン(ざくろ)シロップを合わせた「44回目の夕日」。

右はバタフライピーティー「砂漠のオアシス」。

作品を読んだ人ならニヤリとしてしまう、ナイスな名付けです。

バタフライピーティーは、レモンを入れると青から紫に色が変わるんですよ。

コーヒーや紅茶などシンプルなドリンクもありますが、この写真映えドリンクがセットで選べるということもあり、ほとんどの人がどちらかを注文していました。

箱根スイーツコレクション2020

ランチ後は園内を散策し、再びレストランへ戻りました。

食事だけでなくカフェ利用もOKなのがうれしいところ。

お目当ては毎年春に開催している「箱根スイーツコレクション」のスイーツです。

箱根のカフェやレストランで、テーマに沿ったスイーツを提供するというこの企画。

2020年のテーマは『満開♡フラワースイーツ』でした。

そして星の王子さまミュージアムのスイーツは…「惑星と砂漠のミモザ」。

カラフルな皿盛りデザートで、王子さまが旅した惑星達を表現しています。

マスカルポーネを使用したミモザケーキには、バラの花が。

小さな惑星はボール状にしたフルーツジュレとミントアイスでできています。

期間限定ですが、こんな豪華なスイーツも楽しめるなんて最高。

箱根スイーツコレクションは40店舗近くが参加していて、はしごして巡る方もいるんだそうですよ。

気むずかしやのローズティー

星の王子さまと縁の深い「バラの花」。

レストランではオリジナルのローズティーとして楽しめます。

メニュー名が「気むずかしや」なのは、作品中のバラの性格からでしょうか。

たっぷりポットサービスでいただけます。華やかな香りでリラックスできました。

店内の様子

レストラン店内にも、星の王子さま要素満載です。

お料理を待つ間に探してみては?

▼このシルエット、なんか見覚えある…

▼ウワバミちゃんのぬいぐるみと、バラ。

▼バオバブの木、のイラスト。

▼紙のテーブルマットもオリジナルデザイン。

[まとめ]作品を読んでいくとより楽しめる

星の王子さまミュージアムは「箱根の観光地だからとりあえず行こうか」というパターンも多いのですが…

ぜひ一度「星の王子さま」の小説を読んでから行ってみてほしいです!

その方が何十倍も楽しめるはず。

可愛らしい展示やお土産が多いので、作品を知らなくてもそれなりに楽しいとは思いますが…。

やたら見かけるウワバミってなんなのか。44番目の夕日ってどういう意味なのか。そんな小ネタを理解するためにも、やはり小説を読んでおくのが一番なのです。

昔読んだけど忘れちゃった…という方も、読み返してみることをおすすめします。

大人になってから読むと、また違った感じ方ができるかもしれません。

ちなみに私は、翻訳者違いで計4冊を読んでみました。

初めて読む方なら、新潮文庫・河野万里子さん訳のものが分かりやすくておすすめです。

[豆知識1]レストランだけなら無料で入れる

星の王子さまミュージアムに入るには、入園料が必要になります。(当日券大人1,600円)

ただし、レストランとミュージアムショップ(お土産屋さん)のみ利用の場合、無料で入ることができます

受付にその旨を伝えると「レストランのみ利用」「ショップのみ利用」などの札を渡してくれるので、それを首から下げて入園させてもらえるとのこと。

今回園内はじっくり見たので、次回はレストランだけの利用もしてみたいと思います。

[豆知識2]同じ店名のお店がパーキングエリアにある

同じ「ル・プチ・プランス」という名のレストランが、埼玉県の寄居PA上り(通称星の王子さまPA)にも存在します。

ミュージアム内のお店より、さらに本格的なフランス料理を味わえますよ。

PA自体も楽しいので、お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

施設情報

星の王子さまミュージアム

施設名星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ
住所神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
電話番号0460-86-3700
開園時間9:00〜18:00(最終入園17:00)
休園日第2水曜日(3月と8月は無休)
料金[当日券]
大人1,600円、小中学生700円
[前売券]
大人1,400円、小中学生600円
駐車場112台(平日無料、土日祝繁忙期は1日300円)
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/l-prince/

レストラン「ル・プチ・プランス」

電話番号0460-86-3707
営業時間11:00〜18:00(L.O.17:30)
※デザートメニュー 11:00〜17:00 L.O.
※フードメニュー 11:30〜17:00 L.O.
定休日ミュージアムの休園日に準ずる
席数店内:66席
フランス庭園側テラス:20席
駐車場側テラス:20席
禁煙喫煙全席禁煙
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/l-prince/restaurant/

関連記事

レストラン「ル・プチ・プランス」のメニューはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました