「マジックスパイス スープカレー」レトルトを食べてみた【レトルトカレーレビュー】

お取り寄せ・おうちグルメ
この記事は約5分で読めます。

スープカレーの人気店「マジックスパイス」のレトルトカレーを食べてみました。

ペーストとスパイスで辛さを調節可能。

味の感想、辛さレベル、買える場所、カロリーなどについて詳しくまとめています。

「マジックスパイススープカレー」レトルトについて

マジックスパイス、通称「マジスパ」のレトルトカレーを買ってみました。

「マジックスパイス」は札幌に本店を置く、スープカレーの元祖といわれるお店。

私も一度、下北沢店へ足を運んだことがあります。

辛さを「涅槃」にしたらめちゃくちゃ辛かったけど、おいしかったなぁ。

▼マジックスパイス公式サイト

そんな「マジスパ」のスープカレーを、レトルトで再現。レトルトはマジスパ監修のもと、明治が製造しています。

具材は「チキン・ミートボール・うずらの卵」で、スペシャルメニューというネーミング。

店で出しているメニューとはまた違うみたいです。

マジスパのレトルトスープカレーをレビュー

マジスパの味をレトルトでどれだけ再現できているのか…!?

実食してみました。

温めは湯煎で5分。うずらの卵が破裂するため、電子レンジは不可です。

付属の「特製ペースト」と「特製ミックススパイス」で辛さを調節できます。

まずはペーストを淹れてから、スパイスで辛さをプラスするシステムみたいですね。ペーストの方は全部入れてもよさそう。

マジスパは辛さレベルを独特の言葉(悶絶・涅槃・極楽など)で表現するんです。

レトルトのパッケージにもこのワードが書かれているので、お店のファンはニヤッとするかもしれません。

湯煎で温めてみたのがこちら。見た目はふつうの野菜スープみたいです。この状態でも少し辛い。

具材は「鶏肉、ミートボール、うずらの卵、キャベツ、人参、玉葱、大根」と具だくさん。野菜はキャベツがメインになってます。

ペーストを入れ、さらにスパイスを少しだけ入れて混ぜ混ぜ。

一口目は、野菜の甘みが溶け込んだ、優しい味わい。

後からじんわりと、辛さとスパイスの風味が押し寄せてきます。

マジスパのスパイスって、いわゆる日本のカレーのスパイス感とはちょっと違うんですよね。

クミンやコリアンダーがメインではないのかも。もっと異国情緒漂う香りがするんですが、なんのスパイスなんだろう…。

あっさりしているのに程よくコクがあり、独特のスパイス感と、かすかな酸味がクセになります。

お店の味ほどパンチはないけど、再現度はかなり高め。

鶏肉もホロホロに柔らかくておいしかった〜。

野菜などのトッピングを加えると、より楽しめそうです。

そうそう、スープカレーの時はごはんは別皿に盛りましょう。

ごはんをスプーンにすくってスープに浸して食べるのがおすすめらしいですよ。

辛さは「中辛〜激辛」

パッケージの表示によると、辛さは「中辛〜激辛」だそうです。

特製ペーストやスパイスミックスを入れないと中辛程度。

ペーストを全部入れると辛口、そこからスパイスを追加して好みの辛さにしていきましょう。

旨味成分も入っているペーストは全部入れたいところ…となるとやはり、辛さに強い人向けかな。

スパイスの方は本当に辛いので、ちょこっとから試すのがおすすめです。いきなり全部入れると普通の人は死にます(笑)

カロリーは?

カロリーは1食あたり「172kcal」です。

驚きの超低カロリー!

ごはん1膳分(約250kcal)と合わせても、420kcal程度とヘルシーですね。

賞味期限は?

賞味期限は「製造より1年間」とのこと。

今回買ったものは購入日から約7ヶ月後でした。

日持ちするので買い置きしておくと便利です♪

どこで買える?

マジックスパイス スープカレーのレトルトは、全国のスーパーマーケットで販売しています。

品揃え豊富なスーパーなら、比較的どこにでも置いてある気がします。

今回は北関東のローカルスーパー「ベルク」にて、378円(税込408円)で購入しました。

▼Amazonなどでも販売しています。

商品情報

品名マジックスパイス スープカレー スペシャルメニュー
名称レトルトカレー
原材料写真参照
内容量カレー300g・ペースト5g・スパイス2g
価格400円前後
辛さ中辛〜激辛
賞味期限製造後1年
販売者株式会社 明治
製造所カレー:岩手缶詰株式会社
ペースト・スパイス:宮島醤油株式会社

関連記事

ハウスのレトルトスープカレーもおすすめです。

こちらの方が万人受けの味かな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました